読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

柴崎幸子のリアルな日々

刻々と変わる世界経済から至近距離の出来事まで、鮮度のよいネタをリアルに発信!

ニューヨーク研修ツアー ②MoMa-日本の建築家展 

旅行

ぎっしり詰まった予定の合間に、世界三大美術館の一つメトロポリタン美術館と、世界の全てがそこにある?スミソニアン博物館の一部を鑑賞することができた。

少ない時間でさらっと流す程度だったけれどもそれなりに楽しんで、さて最後は一番楽しみにしていたMoMAへ。

 

f:id:noix-s-s:20160704120227j:plain

 

ちょうど、 日本の建築家にフォーカスした展覧会『A Japanese Constellation: Toyo Ito, SANAA, and Beyond』が開催されていた。

すでに世界で活躍し脚光を浴びている彼らが、この四半世紀ほどの間に手掛けた40を超える建築デザインの紹介で、彼ら日本の建築家が世界に与えた影響や現代建築について、目を楽しませながらその足跡を辿ることができるように展示されている。

小さな模型は一日見ていても飽きないほどに緻密で面白い、会場内はかなりの人混みで人気の度合いがよく分かる。

 

建築という分野の仕事はサービス業などと違い、自分の携わった仕事が長い年月にわたりその姿を残し、これが私の仕事!と誇らしく見せることができるから素晴らしい。

 

f:id:noix-s-s:20160704120233j:plain

 

アメリカの他の美術館、博物館から比べると、MoMAの入場料は一般が$25とかなり高い。(スミソニアン博物館は教育的配慮から無料で、運営資金は政府の財源に寄付やその他の収入があてられている。)

それでも来場者の数はかなり多いように感じた。現代という時代を見据え、そこから近代というあまり遠くない時代までを、絵画、映像、工業デザイン、建築デザインなどの分野にわたって見せることが、幅広い層に人気を博しているのだと思う。

 

真剣に鑑賞している方々の前を遮って写真を撮るのは心苦しかったけれど、撮りまくってしまった(^^;

7月4日までの会期中に訪れることができて本当に良かった\(^o^)/