柴崎幸子のリアルな日々

刻々と変わる世界経済から至近距離の出来事まで、鮮度のよいネタをリアルに発信!

レーゾンデートル

レーゾンデートル

 

意味は「存在理由」とか・・・

この言葉、最近Facebookにアップされていた記事で読んで気になっていた。

仕事先へ向かう地下鉄の中、ふと思い出してレーゾンデートルをググってみた。

検索で最初に目に入ったのがAmazonのカスタマーレビュー。(村上春樹色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年-)

 

ここは地下鉄の中、混んではいない時間帯だが座席が充分埋まる程度には人がいる。

 

あかん!!面白すぎて笑いがこらえられない。

 

満を持して、村上春樹を読んでみました。めちゃ売れてるって評判だし、本屋でも下品なぐらい平積みされてるし、アイフォーンの新作かってぐらいの長蛇の列がテレビで流れていたので、あんまりウザイから読んでみたのです・・・

 

冒頭からこの文章、以下、笑いがこみあげ、笑いを抑えられない自分が笑え、笑いのサイクルにはまり込んでいく、完全にツボにはまってしまった(笑)(笑)

 

ワインのコルクを果物ナイフの先っぽでこじあけようとしてんだぜ?果物ナイフでだぜ!?「ビーフシチューは好き?」とか女に聞きながらだぜ・・・。コルク抜きとか使わないんだぜ・・・。なんか石田純一が女の前でりんごを果物ナイフで切ってそのままナイフにのせて食べるって言ってたのと同じレベルの、スカシっぷり・・・じゃね?

 

ここで、吹き出した(爆)

 

ジャズのレコードがかかってるムーディな部屋でだぜ・・・しかもそのムードのまま、しっぽり・・・

しかもやってる最中に、「あなたの※※※※はレーゾンディートルね」とか言われちゃうんだぜ?なにそれ?・・・

・・・そんなオシャンティーな村上作品に対し・・・

 

長い、かなり長いレビューだったから、途中でメールが入ってきた。

助かった(笑)・・・笑いのツボから脱出できた。

 

しかし、笑いのツボから脱出して思った。

 

「あなたの※※※※はレーゾンディートルね」

※※の部分は私のブログで書くにはちょっとはばかられるので、違う表現にするなら「下半身」。

うぅ~ん。

人間のレーゾンデートル(存在理由)って、突き詰めれば「下半身」じゃないか?

大きな時間で括れば、地球上の生物すべて、生命を繋いでいくなかでの一部分に過ぎないのだから。

 

と、急に真面目な顔になった。

なのに、あぁ・・・また笑いそう・・・

 

降車駅に到着。

さて、仕事してこようっと。

 

 

 

iPhone7Plus

スマートフォンを取り替えた。

 

前機種に引き続きiPhone7のPlusの方を購入。

購入と同時に保護フィルムなど必要とされる物を買うのが当たり前のようになっているが、これ結構値が張るのである。

前のスマホでは液晶の保護ガラスフィルムを割ってしまった少々雑な私なので、販売員に勧められるままに鴨ネギと変身した自分を自覚しながらも、保護面が広がり外側の強度がパワーアップしたというガラスフィルムを買った。

とりあえずこれで液晶面は保護した。

 

次は、本体のケースをどうするか...

これまでケースはあまり重要視していなかったが、もっと大切に扱うようにさせるには奮発してケースを高級品にするのも一考だなと、デザイン・品質・機能を条件に真剣にネットを徘徊してみた。

 

諸条件を満たして行き着いたところが「ブランド」物。価格だけが折り合わないが(笑)今回は折れることにした。

 

実物を見てから買おうと一番近い横浜のデパート内のブランドショップへ。

まずは、一番デザインが気に入ったやや派手めのGUCCIへ飛び込んだ。

 

チ〜ン!

iPhone7用ケースは未入荷!

買うぞ!と意気込んで行ったのに無い、明日には気が変わって3,000円のケースになりそうなので、ルイ・ヴィトンへも突入。

 

ここで、ちょっとドキ。

ネットの怪しいサイトでチラッと目に入って可愛いと思ったデザインがあるのか聞いて見たら、「公式サイトでご覧になりましたか?」と...

今時のコピー商品は本物のコピーでは無く、本物以上に可愛いモノだったのか(笑)(笑)

 

さて、お洋服を着せていないままのスマホを持って数日、落とすのが怖いから早くお洋服を着せたいのだけれど...

 

矛盾への抵抗力

f:id:noix-s-s:20161130174949j:image

昨日、中野先生とお茶をしながら、今更聞けないシリーズを展開。

 

柴崎

「営業経験を多くされてきた中野先生に今更の質問です。自分が良いと思う商品を営業するのは悩まないと思うのですが、どう見ても良いとは思えない商品の営業、先生はどうやって克服してきたのでしょうか??」

 

中野先生

「そうだね... それには、矛盾への抵抗力をつけていくしかないんだよ。」

 

矛盾への抵抗力...

 

説得力のある言葉だなぁ✨

 

すっと覚めていく感じがした😊

 

ランチミーティング

今日はマーケティングの先生である中野さんとランチミーティング。

桜木町の駅ビルの中にあるレストランで流行りのローストビーフ丼をいただいた。

見た目より満腹感があるのはさすがお肉の威力...

 

そのあとはお決まりのスイーツ、満腹なんだけれどこれを抜くわけにはいかない。食後は血糖値が下がるからと変な言い訳をしながら(笑)

f:id:noix-s-s:20161130134444j:image

ランドマークプラザへ移動して、3Fのハーブスでコーヒーとケーキをいただく。

 

中野先生のショートケーキは、ホールの最後の一切れだったせいかちょっと大きい✨

私はマロンクリーム...これはノーコメントで(笑)

 

このカフェでミルクコーヒーを注文すると、温めたミルクが特大のピッチャーで別添え、私にはこれが何より嬉しい😊

もちろん、コーヒーのお代わりはいくらでも✨

 

はぁ、幸せ💕

 

「受容」するということ ②

昔のように数え年ではなく満年齢で迎える今、私も来年はおめでたい?ことに還暦である。

 

還暦を目前に「受容」するということを自分の中に落とし込んだ時に浮かんだのが、孔子曰く・・・の「論語

 

引用させていただくと、

30にして立つ(而立)

40にして惑わず(不惑

50にして天命を知る(知命

60にして耳順う(耳順)・・・素直に受け入れる

70にして心の欲する所に従いて矩 のり を踰えず(従心

 

60にして素直に受け入れる、「受容」という言葉はここからの発想に思える。

60歳を迎える頃に、30にして・・・を思うと嘆息であるが、過ぎた時間を巻き戻すことは不可能なので、素直に今を受け入れて「還暦」で人生をリセット(笑)

 

70にして従心(心の趣くままに行動しても、人の道にはずれるようなことはなかったということ)

さて、人の道とは・・・

 

 

「受容」するということ ①

最近、前頭部の毛量が気になってきた。6年前の写真が出てきたので検証してみたが、明らかに違う(泣)

 

数年前に友人がこめかみの数センチ上あたりを開頭手術したら、傷口周辺の毛根が死んだ?のか髪の毛が生えてこない部分が出来た。

もともとこの友人は私に言わせると「タワシ」のように毛が多く密集しているタイプだから、そんなに気にしなくても・・・と思っていたが本人は気になって仕方がない。

それでテレビCMでもお馴染みのアレを購入し使い始めたら、友人は絶好調(^◇^)

それ以来、私をアレ(ウィッグ)仲間に引きずり込もうとやたら勧めてきたが、まだまだ~と余裕でいた私なのであった。

 

が、しかし、とうとうきた!!

前頭部の分け目の地肌部分が明らかに目立つようになってきた。それからは洗髪後ドライヤーを使うときに分け目を変えたりと意識するようになって、ハッ!と気付いた。

バーコードヘアーの男性と同じ行動?(笑)(笑)彼らの気持ちがちょっと分るような・・・

けれども私が男なら潔くスキンヘッドにする、大好きなショーン・コネリーのように☆彡その時の社会環境が許さないなら5分刈りとか3分刈りとか。

ただ、女性の場合はそうはいかないのである。明らかに男性とは差別化であるがこれはしょうがない(^^♪そこでウィッグを上手く使うようになるのである。

 

私がこのように年齢的にも外見的にも明らかにステージが変わることを意識し始めた頃、看護師をしている娘から「受容」すること!と教えられた。

こういうのを「負うた子に教えられて浅瀬を渡る」というのだろうか、はぁ(笑)

 

ワークウェア

今日は仕事でワークウェアの展示会(2017年春夏)へ行った。

 

アグロワークスさんという関西を基盤に関東へ進出をしている企業が展開するワークウェアであるが、「作業服」というより機能性に優れたカジュアルウェアという感じで、従来の作業服のイメージを覆す魅力に溢れていた。

           f:id:noix-s-s:20161021182417j:plain

ヘルメット着用のいかにもワークウェアに見えるようなものを選んで写真にとってみたけれど、首から下だけなら格好いいタウンウェアに見える。

デザインコンセプトをお聞きしたらなるほどで、「着替えなくてもそのままレストランで食事できる」ぐらいのお洒落なワークウェアの追求ということである。

ペンキが付いていたらむしろアート?という遊び心をくすぐる余裕を感じさせるほどだ。

 

「カッコいいから仕事が楽しい」

現場に若者を呼び戻そうという素敵な「たくらみ」に、私のお洒落心も反応してしまった(笑)